加藤清正ゆかりの神社

清正ゆかりの神社

ここでは加藤清正が祀られている全国の寺社をご紹介します。

加藤神社(熊本県)

画像を文章の右側に配置するには、画像を表示するimgタグにclass="img_right"という属性を追加することで、後に続く文章が画像の左側に 回り込みます。

天澤寺/丸岡城跡(山形県)

桜天神社(愛知県名古屋市)

1599年(慶長4年)9月9日福島正則が制令を建てて名古屋城の築城を申し出た際、加藤清正が桜の名所だった当所を築城の本陣として指揮をとりました。 その折、桜の木の下に掘った井戸は「天神の井戸」と呼ばれています。 ところで、この桜天神社の起源は、菅原道真公への信仰が篤かった織田信長の父・信秀が当時の那古野城の中に祠を設け、道真公の木像をお祀りしたのがはじまりとされ、1538年(天文7年)現在地に御遷座されました。 名古屋城築城時には、この場所が、北は片端線、南は広小路、東は久屋大通、西は堀川までを、東西10本、南北10本の道路で碁盤の目に区割りした東西9町、南北9町、計81町の中心に位置していました。