加藤清正ゆかりのパワースポット

熊本城と治水

加藤清正が、井芹川の流れを変えて水量を増やし下流水田地帯の灌漑用水とした治水事業は、今日なお高い評価を得ています。 清正の治水事業は、有明海沿岸の干拓のほかにも、白川・菊池川・球磨川・緑川の各河川にも及び、河川改修によって新田を開墾したことで肥後領内だけで2万5千町歩にも及ぶ田畑があったといいます。

明治神宮の清正井

明治神宮の御苑の中に、都会では珍しい湧水の井戸があり、「清正井(きよまさのいど)」といわれ加藤清正が自ら掘ったとされています。

では、本当に加藤清正が作ったのでしょうか?
江戸時代には、この「清正井」のある所に加藤家の下屋敷があり加藤清正の子である加藤忠広が住んでいたことは間違いないようですが、清正本人が住んでいたかは定かではありません。まもなく改易により加藤家が絶え、その後井伊家の下屋敷となりました。 井伊家の下屋敷とになってからも清正にまつわる伝説が伝えられていて、最も有名なのが清正が掘ったとされる「清正井」です。

一般的には竪井戸と呼ばれるものが多いのですが、この清正井は、崖地などで水平方向に掘削される横井戸となっています。

しかし、長らく水源はどこか、どのようにして流れているのかが不明でした。 昭和8年の干ばつで水が止まったことをきっかけに昭和13年の修復工事の際に併せて水源調査が行われた際、水源は、御本殿西側権殿敷地付近一帯(現、本殿倉庫)の浅い地下水が二方向の自然の水路に流れて、井戸の上方斜面から井戸に湧出する全くの自然の湧水と判明しました。

なお、この工事の際、旧態を保つ為、また水が集まりやすい様に斜面をコンクリートでおおいかぶせ集水槽導笈を新たにしました。この時修復した木造も腐朽した為、平成8年8月30日に新たに修復工事が行われています。

明治神宮の清正井

画像を文章の右側に配置するには、画像を表示するimgタグにclass="img_right"という属性を追加することで、後に続く文章が画像の左側に 回り込みます。


サイトMENU
サイド文章

サンプル文言です。サンプル文言です。サンプル文言です。サンプル文言です。サンプル文言です。